地方創生×サステナブルツーリズム|地域の事業者が参画しながら持続可能な観光開発のためのビジョン策定と基盤構築 | ミテモ株式会社
地方創生×サステナブルツーリズム|地域の事業者が参画しながら持続可能な観光開発のためのビジョン策定と基盤構築

地方創生×サステナブルツーリズム|地域の事業者が参画しながら持続可能な観光開発のためのビジョン策定と基盤構築

  • {{tag.name}}

  • {{tag.name}}

  • {{tag.name}}

  • {{tag.name}}

対象テーマ

#観光振興

#産地観光

#地域振興

#持続可能な観光開発

  • ・外部業者にアウトソーシングするのではなく、地域の事業者や行政担当者といった当事者たちで観光ビジョンや効果的なKPIを設定し、観光開発を推進したい
  • ・持続可能な観光開発を今後推進していくにあたり、関係者が必要な知見を学ぶことからスタートしたい


実施概要

ノウハウ共有

持続可能な観光開発を推進するためのビジョン策定、KPI策定とマネジメントシステム構築、評価・モニタリング手法について専門家より知見を提供します。

参画者募集

地域内をあげて持続可能な観光開発に取り組むため、民間事業者、旅行業事業者、行政担当者からなるコア・チームを組成します。また、コア・チームを中心としながら、ワークショップなどに参加し、ビジョン作りに取り組んだり、事業自体に参画する賛同者を募ります。
賛同者を募るために必要において、地域内事業者に向けた勉強会などを開催します。

ワークショップ

専門家によるファシリテーションのもと、持続可能な観光ビジョンをロジックモデルを用いて可視化します。

専門家による現地視察と伴走支援

ビジョンを可視化後、移動手段や廃棄物管理などの環境負荷、地域コミュニティへの影響度、文化・歴史資源などの保全状況、地域内取引の公平性などの観点の中から優先順位付けし、重要な指標をKPI化します。またKPIに基づき、地域観光の現状を調査し可視化。その上で、改善に向けたアクションプランを取りまとめていきます。

基盤構築と組織化

コア・チーム及び賛同者を中心にアクションプラン推進体制を構築。また、その取り組み状況を定期的に共有し、継続的に課題解決に取り組むため、コア・チームを中心とした組織作りを行います。

特徴・ポイント

関連実績

インバウンド向けクラフトツーリズム事業で、持続可能な産地観光の構築を目指す 
LOCAL CRAFT JAPAN

LOCAL CRAFT JAPANは、日本全国の地場産業・産地において継承されている伝統的な技術、文化、そして職人達の独自性を題材として、地域固有の魅力あるコンテンツを体験できる観光商品「クラフトツーリズム」の企画・発信に取り組むプロジェクトです。令和3年度には「来訪意欲を増進させるためのオンライン技術活用事業(観光庁主催)」の対象プロジェクトに採択。シンガポール、台湾、香港のセレクトショップやギャラリーにおいてVR/アバター接客技術を用いた日本各地の工芸や文化を体感できるワークショップなどを開催するとともに、オンライン上で日本各地の産地に訪れることができるオンラインイベントを開催し、誘客促進に取り組んでいます。

観光庁

連携事業

*詳細な事業事例やその他事例についてはお問い合わせください


ソリューションラインナップ

地方創生・共創型地域プロデュース事業CUEへの問い合わせ
まずはこちらからご相談ください

資料が欲しい

気軽に相談したい

ノウハウを学びたい

電話で相談する 03-4572-0407

地方創生・共創型地域プロデュース事業CUE
地方創生・共創型地域プロデュース事業CUE

関連記事