公務員倫理  反転授業カリキュラム

公務員倫理 eラーニング×集合研修 反転授業カリキュラム~ミテモ株式会社ではeラーニング制作と集合研修を組み合わせたインタラクティブな研修プログラムを提供しています。

本プログラムの目的~演習を繰り返して学ぶことで身に付けられる

相次ぐ企業や公的機関の不祥事の発覚が示すように、コンプライアンス(法令遵守)の知識・意識不足による問題発生は近年後を絶ちません。 本講座では公務員倫理の意識を持つことの重要性を確認し、日常において意識付けの取り組みを行っていくための対策を考えます。

公務員倫理の全体像を理解したうえで、遭遇する可能性の比較的高い場面での禁止事項を意識するため、概要と要点を併せて理解することができます。 また研修と組み合わせることで、受講者同士が日常における倫理意識についての話をすることができ、より一層印象深く、公務員倫理意識を持つことができます。

→反転授業に関する詳しい説明を読む

プログラムの進め方~反転授業

公務員倫理
実践的な集合研修による定着

公務員倫理  eラーニング講座

研修プログラム例
時間
内容
手法
50分
  • 1.公務員倫理と自治体コンプライアンス
    (1)事例から考える
    (2)公務の特性と倫理
    (3)公務員倫理とは
    (4)地方公務員の服務規律(地方公務員法)
    (5)コンプライアンスとは
    (6)コンプライアンスが求められる背景
    (7)公務員の不祥事の現状
    (8)コンプライアンス違反の与える影響
講義
  • 2.コンプライアンスと公務員倫理
    (1)公務の特性と倫理
    (2)公務員倫理と企業倫理
    (3)公務員倫理に取り組む組織の利点
講義
  • 3.公務員の不祥事と対応~なぜ続く公務員の不祥事
    (1)懲戒処分の状況
    (2)上司としての対応
    (3)信頼回復
講義
  • 4.コンプライアンス違反を防ぐために
    (1)コンプライアンス違反が起きる原因
    (2)不祥事を起こさないための行動指針
    (3)意識改革の実現のために
テキストに
書き込むワーク
  • 5.まとめ
    ※日ごろからの意識付けを行うための取り組み・習慣を考える
テキストに書き込むワーク

公務員倫理  集合研修

研修プログラム例
時間
内容
手法
3~4時間
  • 1.アイスブレイク
    ※eラーニングで学んだ不祥事などの事例について意見交換を行う。
    また意識付けのための取り組みについても同様に意見交換する。
ワーク
  • 2.多面的に考える公務員倫理
    (1)立場を変えて考える
    ※職員として、他の(自分以外の)職員にして欲しくない事は何かを考える
    (2)公務員の不祥事と対応
    (3)懲戒処分の状況
講義
ワーク
  • 3.公務員の不祥事の現状から予防を考える
    (1)なぜ、組織または人間は不祥事(ルール違反)をおこすのか?
    (2)不祥事のためのコンプライアンス
    (3)不祥事の予防を考える
講義
ワーク

e-ラーニング×研修の反転授業ラインナップ

反転授業型プログラム実施例

まずはお気軽にお問い合わせください

お電話でのお問合せは 03-3518-0611

メールでのお問合わせはこちら


eラーニングのデモを無料でお試しいただけます

RECORD ミテモ株式会社の実績

eラーニングの実績

年間受講者数

9万

映像教材制作

78テーマ

映像・デザイン制作実績

映像制作実績

184社 

ミテモ株式会社は、年間研修実施回数14,612回35万9千人に研修を受講いただいている株式会社インソースの関連会社です。

E-LEARNING eラーニングラインナップ
TRAINING ミテモの研修ラインナップ
SERVICE ミテモのサービス
SEMINAR 無料セミナー

STUDIO資格

STUDIO語学

STUDIO語学

STUDIO mini

STUDIO フレッシャーズ

ブロックを使った無料体験ワークショップ

派遣会社様向けeラーニング

新着情報

⇒クラウド型eラーニング「STUDIO」
⇒eラーニングのデモ視聴(無料)

新着情報

メールマガジン

人材育成に関しての情報・知識をお届けしております。
配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いについてに同意の上、こちらにメールアドレスをご入力し、「登録」ボタンを押してください。

お気軽にお問合せください

お電話のかたは
03-3518-0611

BLOGミテモ関連ブログ

漫画制作

漫画制作の価格

ミテモ写真さんぽ部

ミテモ活動報告