理念に基づくデザイン経営支援 | ミテモ株式会社

理念に基づくデザイン経営支援

  • {{tag.name}}

  • {{tag.name}}

  • {{tag.name}}

  • {{tag.name}}

クリエイティブ・チームだからこそのソリューションで、
デザイン経営を実現していきます

2017年に経済産業省と特許庁は有識者らを集め「産業競争力とデザインを考える会」を発足し、2018年に「デザイン経営宣言」として、資料を公表しました。今、会社経営に「デザイン」の思考や思想を取り込む組織作りに注目が集まっています。

そんな中、私たちミテモ株式会社は企業理念が企業活動に与える影響の大きさに着目し、さまざまな組織の課題解決に取り組んできました。とりわけこれまで理念や価値観を源泉としながら、デザインの思考や思想を活用し、イノベーション(新事業・新商品・新サービス)、ブランディング、組織づくりに取組むデザイン経営の実践事例を積み重ねてきています。

私たちが目指しているのは、企業の根幹となる理念や価値観に基づき様々なステーケホルダーとともに社会価値を生み出し続けることで結果的に他社との違いを生み出していく、持続可能な経営を実現できる人と組織の育成です。定型的なパッケージ・ソリューションではなく、事業開発・組織開発のコンサルタントやファシリテーター、クリエイティブ・ディレクターやデザイナーなどのプロフェッショナル・チームだからこそのソリューションで、みなさまのデザイン経営実践を支援していきます。

デザイン経営とミテモのアプローチ

デザイン経営とは、一般的に個々の製品の外見を高感度の高いものにする表層的なデザインではなく、自社の理念や価値観を源泉とし社会に新たな価値を生み出すイノベーション(新事業・新商品・新サービス)やブランディングなどの領域にデザインの思考や思想を活用することで、企業の産業競争力を向上する経営手法を言います。

ミテモはこれらの組織外部への働きかけに加えて、他社との違いを生み出し続ける組織づくりにもデザインの思考や思想を導入していくことで企業の産業競争力の持続的発展を目指していきます。

ミテモのソリューション

イノベーションのデザイン経営支援
社会から求められる価値を生み出す

イノベーションのデザイン

ビジネスに通じた場づくりのプロフェッショナルが、価値創出と人材育成とを両立するワークショップや様々なプロジェクトをご支援します。

イノベーションにおけるデザインとは?

主な支援メニュー

①デザイン・リテラシーを向上するデザイン研究会
デザイン経営の基盤構築を目指して、戦略的デザイン・リテラシーを向上するための研究会を貴社内で開催します

②デザイン思考をベースとしたビジネス開発支援
デザイン思考およびビジネスモデルキャンバスをベースにした新規ビジネス開発メソドロジを土台としながら、事業開発を支援していきます

③顧客体験のデザイン支援
顧客の体験価値、顧客のビジネス上の課題解決に重点を置き、より付加価値の高い営業・カスタマーサポートのあり方をデザインしていきます

支援メニュー①デザイン・リテラシーを向上するデザイン研究会

今後、イノベーションのデザインを推進し、高付加価値な商品を生み出していくデザイン経営の基盤構築を目指して、戦略的デザイン・リテラシーを向上するための研究会を貴社内で開催します。

研究会で身に着ける戦略的デザイン・リテラシーとは

高付加価値な事業創出の基盤構築のために、パッケージ・デザインなどの表層的なデザイン領域ではなく、高付加価値なデザイン(生活者に求められる商品を開発し、生活者にその魅力を伝え、届けることができる)の考え方をデザイン・リテラシーとして取り上げていきます。

研究会の到達目標
「今後、商品開発を行う上で外部のデザイナーと協働する土台を作る」

高付加価値な事業創出の基盤構築のために、パッケージ・デザインなどの表層的なデザイン領域ではなく、高付加価値なデザイン(生活者に求められる商品を開発し、生活者にその魅力を伝え、届けることができる)の考え方をデザイン・リテラシーとして取り上げていきます。

高付加価値な商品を生み出す
デザイン思考法を理解する​

市内事業者自身がデザイナーになる必要はないものの、高付加価値なデザインを手がけるデザイナーの思考プロセスそのものを理解する

自社に必要な「デザイン」
とは何かを理解する​

コンセプト設計、商品開発、パッケージ、プロモーションなど、それぞれのフェーズにおいてデザインが必要とされるが、自社にとって、今、必要なデザインとは何かが明確にわかるようになる

特徴① 戦略的デザイン・ワークシートで「現場で使える」デザインを学ぶ

戦略的デザインを実践するためには、様々な手法がありますが、企業が自社の商品開発に取り組む上で必要にして十分な手法をワークシートに展開しています。受講者は、各研究会に参加しながら、フレームワークに商品企画を書き込んでいくことで、何度でも活用可能な戦略的デザインのフレームワークを習得することができます。

特徴② 2名のファシリテーターから「ビジネスに活きる」デザインを学ぶ

デザイン思考やビジネスモデル構築に向けたアイディア創発支援の研修・ワークショップ登壇豊富なファシリテーター、事業開発・ビジネスモデル構築の第一線で活躍するコンサルタント陣による2名のファシリテーターが体系化と実践知を伝えていきます。

支援メニュー②デザイン思考をベースとしたビジネス開発支援

デザイン思考およびビジネスモデルキャンバスをベースにした新規ビジネス開発メソドロジを土台としながら、事業開発
を支援していきます。

新規ビジネス開発におけるデザイン・メソドロジ(5日間)

新規事業開発経験豊富な講師陣・メンター陣がサポートする中、メソドロジを学び、実践を通して新規ビジネス開発を行います。新規事業を作り上げていきながら、イノベーションを引き起こす人材を育てていきます。

新規ビジネス開発支援実績

  • 大手通信企業:新規事業開発支援(半年間)
  • 大手IT企業:新規金融サービス事業開発支援(3年間)
  • 大手メーカー:ソーシャル・イノベーション創出支(3年間) 他多数

プログラム全体像

3日間以上のワークショップを通して、デザイン思考およびビジネスモデルキャンバスをベースにした新規ビジネス開発メソドロジを学びながら、リサーチ、企画立案、プロトタイプづくりを繰り返し、付加価値の高い新たなビジネス(事業・商品、サービス)を開発していきます。最終的には、経営陣に対するプレゼンテーションを経て、自社の新規事業案としてPoCを進めていきます。

もちろん、机上でのみビジネスモデルを検討していてもビジネスは生み出せません。顧客のニーズを調査する段階、自分たちの仮説やアイディアを検証する段階など、様々な局面で、自らユーザー(想定する顧客層)に対して、アポを取り、インタビューを行いながら、「市場(社会)は、何を求めているか?」「私たちはどのような価値を生み出しうるか?」を実践的に考えぬいていただきます。

支援メニュー③顧客体験のデザイン支援

従来型の求められた商品・サービスを売る・サポートするというスタンスから、顧客の体験価値、顧客のビジネス上の課題解決に重点を置き、より付加価値の高い営業・カスタマーサポートのあり方を再構築していきます。

顧客体験デザインプロセス

従来型の求められた商品・サービスを売る・サポートするというスタンスから、顧客の体験価値、顧客のビジネス上の課題解決に重点を置き、より付加価値の高い営業・カスタマーサポートのあり方を再構築していきます。


ブランディングのデザイン経営支援
他社との違いを生み出す

ブランディングのデザイン

ブランドとは、顧客や求職者が「他社との違い」を感じ取ることで生まれる価値です。そして、ブランド価値を生み出すためには、その価値を正しく伝えるためのコミュニケーションのデザインが必要です。


ブランド構築プロセスを踏まえながら、①認知のデザイン、②共感のデザイン、③体験のデザインの3つの領域でブランディングを推進していきます。

支援メニュー①理念・コンセプト策定支援

ブランディングは、積み重ねにより生み出されます。その積み重ねの原点となるブランドの理念・コンセプトを明確化していきます。また、理念・コンセプトはブランドに関わる全ての人にそのメッセージを共有していく必要があります。そこで、理念・コンセプトを表すシンボルマーク、ステートメント、キービジュアルを定義していきます。

理念・コンセプト策定例

支援メニュー②認知のデザイン

理念・コンセプトに基づき、事業・商品・サービス・活動を生み出したとしても、顧客に認知されなければ、その価値を届けることはできません。広報・プロモーションのため、メディア露出、コミュニケーション・ツール製作、イベント開催などを通して、顧客とのタッチポイントを増やしていきます。

認知のデザイン

支援メニュー③共感のデザイン

ブランドの理念・コンセプトを知り、所有する・参加する機会があったとしても、その顧客体験価値が期待を下回るものであれば、ブランドへの信頼感は損なわれることになります。ブランドの価値を顧客に届け、満足・信頼を引き出し、ブランド価値を向上していくための顧客体験をデザインしていきます。

共感のデザイン(ストーリー・マーケティング)

支援メニュー④体験のデザイン

理念・コンセプトを知るだけでなく、その想いや実現したいビジョンに対して顧客が共感するようなコミュニケーションをデザインしていきます。特に、ブランドの想いやビジョンを論理的に説明するのではなく、ストーリー(物語)を用いて語りかけるコミュニケーションをデザインすることで、共感を広げていきます。

共感のデザイン(ストーリー・マーケティング)

組織づくりのデザイン経営支援
他社との違いを生み出し続ける

他社との違いを生み出しつづける組織づくりのデザイン

産業競争力を持続的に発展させつづけるためには、組織外部への働きかけだけでなく、理念浸透と適切なマネジメントを通して不確実性に対応しつづける組織づくりが不可欠です。ミテモは理念浸透・組織文化づくりのプロフェッショナルとしての知見に加え、人事・研修のプロフェッショナルであるインソース・グループの知見を組み合わせながら、お客様の組織づくりのデザイン経営を支援していきます。


組織文化・リーダーシップ研究の権威E.シャインは、組織の文化は3つの層から形成されていると指摘しました。理念の浸透とは、公式的な理念が人工物から基本的仮定へと浸透していくことを表しています。

他社との違いを生み出しつづける組織づくりのデザイン

産業競争力を持続的に発展させつづけるためには、組織外部への働きかけだけでなく、理念浸透と適切なマネジメントを通して不確実性に対応しつづける組織づくりが不可欠です。ミテモは理念浸透・組織文化づくりのプロフェッショナルとしての知見に加え、人事・研修のプロフェッショナルであるインソース・グループの知見を組み合わせながら、お客様の組織づくりのデザイン経営を支援していきます。

フェーズ1・人工物

  • 認知促進

    • ツール開発理念について周知するためのコミュニケーション・ツールを開発する【開発例】
      CI(ロゴ、タグライン)
      VI(冊子、映像、カード、ポスター、WEB等)
    • eラーニング理念体系とは何か、その一つ一つに込められた言葉の意味を理解するための教育を展開する
    • 役員ワークショップ理念を軸に組織文化を開発し、マネジメントを行う考え方を学ぶ役員自らが理念を体現するための指針を作る
    • エバンジェリスト育成理念を象徴するストーリーを語り現場での理解・共感を促進するエバンジェリストを育成する
  • 実践促進

    • ワークショップ実施エバンジェリストによるワークショップを介して、従業員一人一人が理念に基づき、「自分の仕事であればどのようなチャレンジが考えられるか?」を考える機会を設ける
    • 実践期間の設計全員参加型の理念実践期間を設け、直接的に業務に関わりのない(こともありうる)取組みへのハードルを下げる
    • トップ・ミーティング経営陣自ら、理念体系について、自らの言葉で語り、現場の声に耳を傾ける場を設ける
  • 実感促進

    • リフレクション行動促進のワークショップや実践期間を振り返り、多様な解釈と自分たちが生み出した小さな成功体験を実感する場を設ける。なお、振り返る手法としては、
      ①アンケート
      ②ワークショップ
      (職場単位の対話の場)
      ③人事インタビュー
      などがあげられる→これら成功体験を後述するプレゼンテーション大会などの表彰制度で収集する

フェーズ2・価値

  • 認知促進

    • 成功事例共有他者の成功体験を追体験するインプロなどを用いたワークショップで、理念への共感レベルを向上する。
  • 実践促進

    • 導入研修、階層別研修内への実装具体的なエピソードをベースにしたケーススタディなどを開発し、社内で実施している集合研修内で理念についての理解・行動促進を促す。
    • WAYコーチ育成理念に基づき、課題設定、課題解決を促進できるコーチを育成し、現場に配置することで、現場レベルでの実践を促進する。
    • 目標管理への実装組織の上位から連関する形で、理念体現に向けた目標を全組織で目標設定する。
  • 実感促進

    • リフレクション・イン・アクション事例収集は引き続き行いながら、より現場手動でリフレクションが進む仕組みを構築していく。【仕組みの例】
      ・1 on 1の実施
      ・クラウドツールの活用 など

フェーズ3・基本的仮定=浸透

  • 認知促進

    • KPI進捗共有定性的な事例共有だけでなく、一人一人の変容によってビジネス(会社)にどのような変化をもたらしているかを可視化する【KPIの例】
      ・顧客のNPS / LTV
      ・従業員満足・e-NPS
      ・財務指標(FCFなど)
  • 実践促進

    • 人事評価制度化理念(特にCore Value)をコンピテンシーレベルに落とし込み、個々の理念の体現度合いを評価するなど、理念実践に対するインセンティブを設計し、理念実践を固定化する
    • マネジメント研修組織に基づいた組織管理(目標管理)、人材育成(人事評価)が適切に行えるよう、要となるマネジメント層のスキルレベルを向上する
  • 実感促進

    • 制度を通したレビュー・フィードバック現場レベルでの日常の実践とリフレクションをベースとした人事評価・フィードバックを行うことで、個々人が理念を元に自身の課題を考え、実践し、フィードバックを受ける仕組みを構築していく。

関連記事