研修設計入門講座~効果測定につなげる研修企画の基礎理論・手法を学ぶ~ | ミテモ株式会社

研修設計入門講座~効果測定につなげる研修企画の基礎理論・手法を学ぶ~

  • {{tag.name}}

  • {{tag.name}}

  • {{tag.name}}

  • {{tag.name}}

目的

組織がその従業員に対して行う研修やeラーニングなどの育成施策は、何かしらのパフォーマンス改善を期待して行われる投資です。投資である以上、費用対効果が求められますが、「他社が実施しているから」「長年実施しているから」などの理由で行われている研修が多いのも事実です。ではどうすれば、パフォーマンス改善につながるような研修を企画することができるのでしょうか。また前年踏襲の流れで実施されている研修を、どのように変えていけば効果的な研修を実施することができるのでしょうか。

本講座では、企業や官公庁などで人材育成に携わる方が研修やeラーニングを企画、設計していくうえで、理解しておくべき概念、理論を取り上げながら、実際の業務での実践方法を学びます。具体的には、効果的な研修を企画・実施していくフレームワークであるADDIEモデルをベースに、特に分析(Analyze)のフェーズに着目をし、研修の目標設定、目標達成に必要な学習項目の整理の仕方について学びます。

対象者

  • これまで実施していた研修内容や、その効果に疑問を感じている方
  • 研修の企画、設計について体系的に学び始めたい方
  • 研修担当になったが、これまでと同じ内容で実施をしていいのか疑問を感じている方
  • 研修をベンダー任せにせず、自分でも企画の良し悪しを考えられるようになりたい方

学習項目

本講座では、研修を企画する上で必要不可欠な以下の概念・理論を学びつつ、実際の業務での実践方法を理解することを目指します。

①Goal based​

②学習者(受講者)中心主義​​

③研修の設計、開発、実施、効果測定の基本的枠組となるADDIE​​

④研修の目標設定と効果測定を考えるためのカーク・パトリック評価法モデル

⑤研修の目標=成果を定義するKSA

※ADDIEモデルの設計フェーズ(Design)、開発フェーズ(Development)、効果測定フェーズ(Evaluation)については本講座では取り扱わず、別途講座を開発中です

※実行フェーズ(Implementation)=研修当日の講師としてのインストラクションスキルについては本講座では取り扱わず「講師・インストラクター養成講座~理論と実践的な技術を学ぶ」で取り扱います

研修プログラム例

内容​ 手法​

学習理論を学ぶ

  • ゴールベース
  • 受講者中心主義
  • ADDIEモデル
  • カーク・パトリック評価法モデル
  • KSAモデル
  • スモールステップ
講義

研修企画を体験するワーク(練習)

  • 学んだ理論を活用して研修企画を体験する
ワーク

よくあるご質問

Qどうすれば受講できますか?
インソース公開講座のページから申し込み可能です。
開催日が表示されていない場合はフォームからお問い合わせください。
Q講座の所要時間は何時間ですか?
6時間です。(お昼休憩1時間含む)
Q公開講座ではなく、1社向けに開催することはできますか?
受講者が10人以上集まれば、一社向けに開催することが可能です。費用や実施可能なスケジュールについてはフォームからお問い合わせください。
Q公開講座と1社開催、どちらがオススメですか?
公開講座は他社の人事・人材開発担当者と一緒に受講することができます。課題感や問題意識、取り組んでいることを共有することで、講座内容以外からもヒントを得られるメリットがあります。1社開催で人事・人材開発部門の全員が同じ講座を受けると、学習した内容をチームの中で共通言語として使えるようになります。受講したことを社内で実践する時の壁の1つに「自分だけで頑張ることの孤独感」があげられます。組織長を始めとして、チーム全員で受講すれば、職場で実践するときに孤独になりにくいというメリットがあります。
Qそうは言ってもどうやって上司を巻き込んだら良いのでしょうか?
ご安心ください。まずはそこから相談に乗ります。ミテモには人事・人材開発担当として、社内改革を行ってきた経験を持つメンバーがおります。まずはお気軽にフォームからお問い合わせください。
Q自分で研修講師をやったことがないのですが、受けても平気ですか?
平気です。この講座は講師としての振る舞いを学ぶ講座ではなく、人事・人材開発担当者が研修の企画・設計方法を学ぶための講座です。講師経験はなくても問題ありません。
Q研修の企画・設計は研修ベンダーに任せてるのですが、受ける意味はありますか?
あります。むしろそういう人にこそ受講していただきたい講座です。
研修ベンダーに依頼する上で、どんな情報を提供すれば期待している研修を提案してくれるのか?
研修ベンダーが提案してきた企画、既に実施してもらっている研修は効果的な研修なのだろうか?
このような疑問を解消するヒントを得ることができます。
Qコスト削減のため研修ベンダーへ発注するのをやめて、研修を内製化するように言われているのですが、何から始めたら良いのでしょうか?
研修を内製化できるようになるための「はじめの一歩」として、この講座はオススメです。
研修を内製化する場合、講師も担当することになるので、講師としての振る舞いを学ぶことも必要ですが、どんなに振る舞いが上手くなったとしても、企画・設計がイマイチな研修を講師の力だけで効果的な研修にすることは困難です。
まずは効果的な研修とは何なのか?どうやって作っていけば良いのか?ここから学び始めることをオススメします。
Qどんな人が講師を担当しているのですか?
CompTIA CTT+ (Certified Technical Trainer) というインストラクターのスキル取得を証明する国際資格を保有している講師が担当します。人材開発部門の経験もあるため、受講者の皆さんが実務と結びつけて学ぶことができるように講座を運営しています。
Q理論を学ぶのって難しそうで不安です。ついていけるでしょうか?
この講座は入門講座なので、難しいことを出来るだけわかりやすく、楽しく学んでいけるように工夫しています。
Q人事・人材開発部門に異動したばかりなのですが、受講しても平気でしょうか?
平気です。講座の最初に研修担当としての経験を確認した上でスタートします。受講者の経験に合わせて講座を進めていきますのでご安心ください。
Q入門編の次のステップとなる中級・上級編はありますか?
現在企画中です。もうしばらくお待ちください。
Q講師やインストラクター、ファシリテーターの振る舞いを学ぶ講座はありますか?
あります。詳細についてはフォームからお問い合わせください。

関連記事