名古屋発の伝統産業海外マーケティング支援プロジェクト 参加5事業者が決定 | ミテモ株式会社

名古屋発の伝統産業海外マーケティング支援プロジェクト 参加5事業者が決定

  • {{tag.name}}

  • {{tag.name}}

  • {{tag.name}}

  • {{tag.name}}

 「ひと」「組織」「地域」のサステナブルシフトを実現するミテモ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:澤田哲也、以下「ミテモ」)は、名古屋市が主催し、ミテモが実施・運営するCreation as DIALOGUE(クリエーションアズダイアログ)に参加する5事業者を決定しましたのでお知らせします。

参加5事業者の紹介

株式会社 安藤七宝店
・事業内容:七宝・美術工芸品製作、販売
・創業年:明治13年(1880年)
・会社webサイトURL:https://www.ando-shippo.co.jp/index.html
・参加に当たってのコメント: 多くの伝統産業と同様に七宝業界も年々斜陽化が進んでおり技術の伝承すらままならない状況です。そのような現状を打破すべく、社内からの視点だけでは変えられない商品内容を、本事業を通し新たに開発したく考えています。未来に向けて業界の可能性を感じ取れるだけの結果を残すことを目標としています。

株式会社 竹田嘉兵衛商店
・事業内容:絞り製造卸
・創業年:慶長13年(1608年)
・会社webサイトURL:http://www.takeda-kahei.co.jp/
・参加に当たってのコメント: 和装市場が激減する中、需要を求め海外販路開拓に挑みます。本事業で長年培ってきた我々の美意識が、場所や形を変えても人々の心に響く様なものづくりを目指しています。さらに、世界で活躍する方々からのアドバイス受けながら、ニーズに応え、長い間皆に親しまれるブランドの創出・商品開発をしていきたいと思います。その先にある産地活性化を見据えて。

合資会社 千代田屋
・事業内容:仏壇製造や修理(寺院内陣・祭屋台・神輿等)、漆塗り・金箔加工に関する技術の提供
・創業年:昭和10年(1935年)
・会社webサイトURL:https://www.chiyodaya.com/
・参加に当たってのコメント: 当社の商品を手にしたお客様は「貴重な技術ですね。ぜひ後世へ残してください」とお話くださいます。海外への発信をすることで新たな販路が広がり、技術の伝承につなげていこうと考えています。本事業により、企画段階から内容を深堀りすることで、いいものをつくっていこうと思います。

株式会社 マルスエ佛壇
・事業内容:仏壇仏具製造販売、山車・御神輿・社寺建築・文化財の塗装修復
・創業年:大正14年(1925年)
・会社webサイトURL:https://marusue.jp/
・参加に当たってのコメント: 弊社は「コミュニケーションと技術で最適解を見付ける」という理念のもと、「想いを塗り重ねる」をキャッチコピーとして「相手に満足して欲しい想い」「職人としていい仕事がしたい」という想いで、日々刷毛を握っています。今回の取り組みで市場を世界に広げ、多くの方の想いに携われることを期待し、今からワクワクしています。

山勝染工株式会社
・事業内容:光勝黒染元、各種無地染、引染・ボカシ染、色抜・漂白、撥水加工・防カビ加工、紋入れ加工、しみぬき・丸洗い、各種特殊加工、仕立て、仕立て直し
・創業年:大正8年(1919年)
・会社webサイトURL:https://yamakatu.co.jp/
・参加に当たってのコメント: 日本の素晴らしい文化や技術を多くの方に知ってもらいたい。時代が加速的に変化する中、伝統は革新の連続といわれるように、日本の文化や技術もまた変化し、現在に至っています。日本だけではなく、世界の新しいものを取り入れながら、次の100年を目指したいと思います。

統括コーディネーター スズサンCEO 村瀬弘行氏 コメント

 古くから続く豊かな文化の中、ものづくりの土壌が形成され脈々と受け継がれてきた名古屋を中心とした中部圏は、世界の様々な地域を訪れた私自身が客観的に見ても特記に値する地域である感じています。伝統工芸事業者の確かなものづくりを礎に、ヨーロッパのデザイナーの研ぎ澄まされた経験とセンスというエッセンスを加え、情熱と愛を伝えるセールスマーケッターを事業チームとして編成することは、この中部圏という地域が生み出す価値を磨き上げる大きな可能性があると感じています。そして本事業をきっかけにこの地域が継続的な海外との循環を作り、モノがつなぐ人と人の一つのストーリーとして、より良い文化形成という新たな発展に寄与できれば幸甚です。

Creation as DIALOGUEとは

名古屋市が主催する伝統産業海外マーケティング支援プロジェクト「Creation as DIALOGUE」は、名古屋に根ざしている伝統産業の担い手が、その技術とアイデンティティを活かしながら、その価値を世界に発信していくためのプロジェクトです。世界の第一線で活躍する実践者から、ブランドデザインの知見を学び、専門人材と新ブランド開発に取り組みます。

関連記事