リモートワーク時代のOJT研修 | ミテモ株式会社

リモートワーク時代のOJT研修

  • {{tag.name}}

  • {{tag.name}}

  • {{tag.name}}

  • {{tag.name}}

概要

Withコロナ時代の今、多くの職場で、オフィスや会議室に社員たちが物理的に集まり、お互いの顔を見ながら働く形から、テクノロジーを活用しながら各自が遠隔で仕事をするリモートワークへとワークスタイルの変化が起こっています。とりわけ、これまで日本のビジネス現場では対面でのコミュニケーシモョンによる「すり合わせ」を密に行うことで改善を行い、仕事の生産性を高めてきました。しかしながら、リモートワークを前提とした働き方に移行する中、対面コミュニケーションはチャット・ツールやオンライン会議システムに置き換わり、仕事の生産性を向上するために求められるスキルや行動が大きく変化しつつあります。
この変化のなかで、安定して成果をあげられる人と、暇を持て余す人の二極化が進んでいます。リモートワーク時代においては、在宅勤務の環境でも活躍できる人材の育成が急務です。

本研修では、リモートワーク環境で働く若手をハイパフォーマーに育成するための、リモートワーク時代にふさわしいOJTの方法を学んでいただきます。特にリモートワーク時代の環境変化を正しく理解し、これまでの対面コミュニケーションを中心としたBeforeコロナ時代の「当たり前」を払拭し、withコロナ時代にあっても高いパフォーマンスをあげられる人材を増やしていきます。

本研修のゴール

リモートワークとこれまでのビジネス現場との違いを理解している

対象者

  • 新入社員の指導担当者としてOJTを行う若手や中堅層
  • 新人や若手の指導を担うチームのリーダー層

こんなお悩みにオススメ

  • リモートワーク環境での新人・若手のOJT指導を学びたい
  • リモートワーク環境での育成ノウハウを持っている人が社内にいない
  • 物理的に距離がある環境で、新人や若手を丁寧に指導する時間がなかなか取れない

本研修は、Zoomを使用したオンライン研修です。下記チェックリストを事前にご確認ください。

快適にご参加いただくためのチェックリスト

  • パソコンにZoomのアプリケーションをインストールできていますか?
  • できる限り静かな室内環境で、且つ声が出せる場所を確保できていますか?
  • マイク、イヤホン、Webカメラの用意ができていますか?

カリキュラム例

内容 手法
リモートワークとこれまでのビジネス現場との違いを考える

  • リモートワーク時代で、変わること・変わらないことについてのディスカッション
  • ハイコンテキストからローコンテキストへ
  • プロセス偏重から準成果主義へ
  • 中央集権型から自律分散型へ
講義
リモートワーク時代におけるセルフマネジメント

  • セルフマネジメント
  • ・タイムマネジメント
    ・目標管理
    ・モチベーション管理
    ・メンタルケア

  • 課題解決
  • コミュニケーション・ツールを活用したチームワークの発揮
講義
リモートワークにおけるOJTの問題と対処

  • OJTの基本:みせる/説明する/やらせる/確認する
  • リモートワーク環境におけるOJTの問題
  • ・自分の仕事をみせるのが難しい
    ・相手を観察するのが難しい
    ・なにげない雑談・対話が成立しにくい

  • OJT環境における対処法
  • ・チャットツールを使ったコミュニケーション
    ・オンライン会議システムを使ったコミュニケーション

講義
OJTの目標と行動計画をつくる

  • 現状を棚卸しする
  • 目標を設定する
  • 現状と目標のギャップに基づき、行動計画を作成する
講義+ワーク

関連記事