「あの部署はどんな仕事をしている?」部署同士の理解を深め、縦割りを解消する「部署のトリセツワークショップ」開講 | ミテモ株式会社

「あの部署はどんな仕事をしている?」
部署同士の理解を深め、縦割りを解消する「部署のトリセツワークショップ」開講

  • {{tag.name}}

  • {{tag.name}}

  • {{tag.name}}

  • {{tag.name}}

教育×クリエイティブ×テクノロジーで効果の高いeラーニング動画の開発・販売を行うミテモ株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役:澤田哲也、以下「ミテモ」)は社内の情報連携に課題を感じている組織に向け開発した、「部署のトリセツワークショップ」を2021年6月10日(木)よりWEB公開したことをお知らせいたします。

「部署のトリセツワークショップ」開発の背景

時差出勤やテレワークを取り入れる企業が増え、業務のオンライン化が続いています。ただその一方で、社内の情報連携が上手くいかず「社員のエンゲージメント低下」を課題に感じる組織も増えています。

  • 「同じ会社でも部署によって業務内容が違いすぎる。互いの業務が全然分からない」
  • 「組織が大きくなってきたので、同じ会社でも知らない人がたくさんいる」
  • 「リモートワーク導入で、他チームや他部署の様子が見えなくなった」
  • 「中途採用や組織の合併により、あとから入ってきた人が他部署の業務を知る機会がない」

「部署のトリセツワークショップ」はこうした課題を解決するために生まれました。

ワークショップの概要

「部署のトリセツワークショップ」では、

  • 自部署がどういった業務内容に取り組んでいるのか?
  • どんなKPIの達成に向け、どんな工夫をしているのか?
  • どんな仕事の依頼の仕方が助かり、どんな依頼の仕方が困るのか?
  • どんなカルチャーを持っているのか?
  • 仕事をするために、どんなツールを使っているのか?
  • 生産性を高めるために、どんな工夫をしているのか?

など、組織全体の成果を高めるために部署間で共有し合ったほうが良いことをシート形式でまとめていきます。

各部署から集まったメンバーで自部署のシートを共有し、情報共有を行うことで組織としての一体感を高めることが狙いです。またどんな協業や連携ができるか、理想のあり方を模索するキッカケとなることを目指します。2021年6月17日現在、大企業を中心に5社、延べ500人以上の方を対象に導入いただいています。

対象者 上級管理職 / ミドルリーダー / 一般社員 / 全社員合同
こんな人におすすめ ・部署間の交流を深めたい
・縦割りを解消したい
・全社員に向けた研修を行いたい
・会社としての一体感をつくりたい
・離職を防ぎたい
・社員のエンゲージメントを向上させたい
・横のつながりを強くしたい
・オンライン研修に興味がある

受講者の声

  • 「他部署の仕事についてよく知らなかったけれど、ワークショップを通じて深く理解できた」
  • 「自社にこんな仕事をしていた人がいたなんて知らなかった!」
  • 「オンライン受講なので移動がなくて便利。簡単にワークショップを行えることが分かったので、今後も定期的に情報共有していきたい」

開発者/講師紹介

森本 康仁
1981年1月4日 東京都江東区生まれ。
北海道教育大学札幌校を卒業後、9年ほど東京都で小学校教員として勤務。 その後、フィリピンのセブ島にて、営利、非営利、日本人向け、外国人向け、大人向け、子供向けと言った様々な教育活動に従事。 2015年~ミテモ株式会社に入社。人材育成、採用活動、組織開発を支援するためのデザインとファシリテーションに多数従事。今、時代が必要としている学びの場をつくり、届けることをテーマに活動中。

 

関連記事