7/27(月) 13:30~ SDGsでウィズコロナ時代のビジネスを切りひらく!「ウィズコロナ時代のビジネスにおけるSDGsセミナー」開催 | ミテモ株式会社

7/27(月) 13:30~ SDGsでウィズコロナ時代のビジネスを切りひらく!「ウィズコロナ時代のビジネスにおけるSDGsセミナー」開催

  • {{tag.name}}

  • {{tag.name}}

  • {{tag.name}}

  • {{tag.name}}

SDGsカードゲームのエキスパートが個別相談にも対応
今こそSDGsを経営の武器にする
【開催日:2020年7月27日(月)13:30~15:30】

教育×デザイン×ITにより課題を解決するミテモ株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役:澤田哲也、以下「ミテモ」)は、2020年7月27日(月)に「ウィズコロナ時代のビジネスにおけるSDGsセミナー」を開催しますのでお知らせいたします。

「SDGs(エスディージーズ)」とは、2015年に国連が全会一致で採択したSustainable Development Goals(持続可能な開発目標)の略称です。SDGsは、グローバルで12兆ドルの経済価値と3億8千万人の雇用が創出されるといわれ、一般社団法人 日本経済団体連合会(経団連)も企業行動憲章を7年ぶりに改定してSDGsを重視する姿勢を示すなど、今やビジネスの新潮流とも呼ばれています。

そのような中、国連通貨基金(IMF)が2020年4月に公表した世界全体の実質GDP成長率は-3.0%となり、2009年のリーマンショック時の-0.1%を大きく下回る厳しい経済状況が見通されています。beforeコロナでは、「SDGsをどう自社として活用できるか」といった観点をもつ企業が多かったですが、コロナショックによる前述のような大きな経済損失により、SDGsはwithコロナにおけるビジネスを生き抜いていくための前提条件に変わりつつあります。

今回、わたしたちミテモが企画したSDGsオンラインセミナーでは、経済に大きな影響を及ぼしている現況下において企業がSDGsに取り組む重要性と、具体的に企業の取組みとしてどういった具体的要素が求められるのかを、講義とグループワークを通じて理解していただきます。

セミナー概要

開催日時 2020年7月27日(月) 13:30~15:30
※その後16:00まで相談を受け付け
対象者
  • 自組織でSDGsを担当している責任者、担当者
  • SDGs、CSR、CSVをテーマにした研修をお探しの方
  • SDGs、CSR、CSVをテーマにした事業開発に携わる方
参加方法 Zoomで参加いただきます。
URLはPeatixのチケット登録後、当日はPeatixのチケットからログインできます
参加費 無料

登壇者紹介

佐藤 彰

ミテモ株式会社

・2030SDGs公認ファシリテーター
・SDGs de 地方創生公認ファシリテーター

2003年に東京電力に入社し、柏崎刈羽原子力発電所の中越沖地震被災の復旧対応や、東北大震災の福島事故対応、原子力損害賠償対応を経験。労務人事制度の担当として、分社化(ホールディングカンパニー制移行)、働き方改革、ダイバーシティ経営、服務・福利厚生制度企画等や労基署対応、春季労使交渉も担当し、働きがいと生産性の両立に向けた施策を多数実行。

2019年退職し、自然電力(約200人)に転職してHRマネージャーとして各種制度改定を実施し、2019/8よりミテモに転職。(そのほかにパラレルキャリアとして、2,000人を越えるコミュニティ運営、コーチング、キャリア関係のイベント登壇などの複業も実施している)

関連記事