16/12/30 更新

メンタルヘルス(セルフケア) eラーニング講座~ミテモ株式会社ではeラーニング教材・コンテンツの制作・販売を行っています

標準的なeラーニング・プログラムのご紹介

対象

新入社員から管理職まで

形式

スライド型eラーニング

内容

ストレスの要因やストレスに対する理解を深め、対処する手法を習得します。また、コミュニケーションを円滑にして職場のメンタルヘルス環境を向上する考え方も習得します。

図やイラストを用いたeラーニングでメンタルヘルスを正しく端的に理解することができます。また、確認テストで知識の理解度を確かめることができますので、知識の徹底が実現できます。

カスタマイズをするならば

ストレスへの対処方法などを、ある場面を想定したケース映像を挿入することで、
実際の場面でどう対処すべきなのかをより理解できます。
カスタマイズに際しては、タレント費用、ロケ費用、企画費用を加算させていただきます。

eラーニングプログラム例
時間
内容
形式
18分
  • 0.はじめに
スライド
  • 1.メンタルヘルスとストレスの関係

  • 2.ストレスの程度と影響
  • 3.ストレス反応
  • 4.ストレスへの対処法 ~セルフケア
    (1)身体を休める
    (2)気晴らし・逃避をする
    (3)周囲の援助を受ける(相談する)
    (4)ストレスの要因を解消(解決)する
    (5)考え方・受け止め方を変える
  • 5.ストレスを緩和するコミュニケーション
    (1)話しかける
    (2)傾聴の6つのポイント
     ①名前で呼ぶ
     ②ペースを合わせる
     ③話を遮らない
     ④あいづちをうつ
     ⑤反復・言い換えをする
     ⑥感情を伝える
  • 6.うつ病になった人への対応
    ~適切な対応と、不適切な対応
  • 7.新型(非定型)うつ病とその対応
  • 8.メンタルヘルスケアは継続が大切
  • 9.おわりに

ストレスを理解し、メンタルヘルスとモチベーションを管理する。

必須のビジネススキルとして求められている精神面のメンタルヘルス。

メンタルヘルス研修を実施する目的には大きく次の2つがあります。

  • 管理職を対象に、部下のケアを含め職場のメンタルヘルス問題を予防し解決する
  • 全社員を対象に、健康とモチベーションを管理をするためのスキルを習得する

特に、全社員を対象としたメンタルヘルス研修のニーズが非常に高まっています。

この背景としては、社員に求められる業務の質・量が高くなっている点や、
特に叱られ慣れていない若手に対し一定のケアが求められている点が考えられます。


このようにメンタルヘルスに関する知識やモチベーションを管理する能力は、
現在では必須のビジネススキルとして捉えられています。

職場で取り組める、具体的な方法と行動を習得します。

本eラーニングでは、医学的な療法や一般論を学ぶのではなく、
現場で実践できるスキルを習得します。


具体的には以下の内容に取り組みます。

  • ストレスの要因と影響を学び、自身のストレス要因を洗い出して整理する
  • 否定的に考えがちな事柄を肯定的に捉える(ポジティブに捉える)
  • ストレスを緩和するためのコミュニケーションスキルを身に付ける(話すこと・聴くこと)

職場で取り組める具体的なスキルを習得することで、
自身の働きかけにより、ストレスをコントロールできる点に気づいて頂きます。

また、メンタルヘルス対策は、コミュニケーションの取りやすい職場づくりに
関係しているため、ストレスの対処法を学ぶことで、
働きやすい職場づくりも見据えていただきます。

自分と他人のストレスの感じ方の違いを知ることができます。

特に、職場のメンタルヘルスを考えるうえで重要なことは、
自分の考え方だけで一方的に接してしまわない、という点にあります。

なぜなら一人ひとり、ストレスの感じ方や、
そもそも何をストレスだと感じるかが異なるからです。

特に部下のメンタルヘルス管理に責任を持つ立場である管理職には、
この点に関する理解が必須となります。

eラーニングでも十分な理解を得られますが、よりお勧めなのは、
eラーニング受講後に、各自で考えたり感じたりできる演習中心の研修を行うことです。

グループでの話し合いを通じて、他の人の考え方や受け止め方を知って頂くと、
自然と「ストレスの感じ方の違い」に気づくことができます。



またメンタルヘルスの対策は、日々の業務の中で個人が取り組むことですので、
定期的な研修実施が理想です。

演習中心の集合研修を組み合わせることで、同じテーマであってもマンネリ化せずに
学べる研修設計が可能です。

≪月額567円/人(税込)から始めるeラーニング 「STUDIO Powered by Leaf」≫

STUDIO Powered by Leafは、65テーマ、181本の映像教材・eラーニングを、月額567円/人(税込)で視聴し放題の映像教材視聴サービスです。年間契約で50IDからご利用いただけます。システム導入などの必要もなく、すぐにeラーニングを開始できます。

⇒STUDIO Powered by Leafの詳細はこちら

≪すでにLMS(社内システム)をお持ちのお客様向け≫

eラーニングの教材そのものを販売させていただいております。導入形式は下記の2パターンがございます。

パッケージ型
eラーニング

インソースグループの人気研修をパッケージ化したeラーニング教材・コンテンツ。すぐにご要望の形式でご導入いただけます。 1コンテンツ
税込 19万
4400円

カスタマイズ型
eラーニング

実務に即したコンテンツをご要望の場合や独自のルールがある場合にはオリジナルのeラーニング教材を制作いたします。 費用別途ご相談

≪同時にLMSも導入したいお客様向け≫

「多くのLMSになかった便利機能」を備えたインソースグループのLMS「動画Leaf」がございます。

▼多くのLMSになかった「動画Leaf」の機能

  • 1.eラーニングと集合研修を一元管理できる

    eラーニングと集合研修を別々のツールで管理している方も多いのではないでしょうか。この場合、社員の受講状況を確認するには、いちいち2つの管理ツールからデータを取り出し、比較しなければならず、手間がかかります。

    • ・集合研修を受けていない人を抽出して、eラーニングを受講させたい
    • 反転授業形式の研修を管理したい

    「動画Leaf」は、このようなニーズを手間をかけずに実現できます。

  • 2.受講者の属性(年次・役職など)から受講者を指名できる

    階層や年次から、受講者を抽出・選定できれば、研修計画の運用にとても便利です。しかし、多くのLMSでは、細かい属性での受講者の抽出・選定はできません。「動画Leaf」は、あらかじめ社員の属性を登録すれば、階層や年次、スキルの有無などで、簡単に受講者を抽出・選定できます。

⇒動画Leafの詳細はこちら

PCのアイコンeラーニングラインナップ

ミテモでは、すぐにご購入いただける教材をはじめ、下記ラインナップを取り揃えています。
マナーやビジネススキルなどご希望のカテゴリーを選択すると各ラインナップをご覧いただけます。

eラーニングの活用ノウハウ

まずはお気軽にお問い合わせください

お電話でのお問合せは 03-3518-0611

メールでのお問合わせはこちら


eラーニングのデモを無料でお試しいただけます

RECORD ミテモ株式会社の実績

インソースグループの取引先数

17,157※1

STUDIO契約先数累計

109※2

STUDIO発行ID数累計

8,435ID※2

STUDIO教材数

65テーマ181教材※3

※1 2003年6月~2016年9月までにインソースグループのサービスをご利用いただいたお取引先累計

※2 2015年4月(サービス開始)~2016年9月までにSTUDIOをご契約いただいたお取引先累計

※3 2016年9月末時点

ミテモ株式会社は、年間研修実施回数14,612回35万9千人に研修を受講いただいている株式会社インソースの関連会社です。

E-LEARNING eラーニングラインナップ
TRAINING ミテモの研修ラインナップ
SERVICE ミテモのサービス
SEMINAR 無料セミナー
TRAINING 1名から受講できるインソースの講座

STUDIOシリーズ
アイコンSTUDIO
アイコンSTUDIO 語学
アイコンSTUDIO 英語
アイコンSTUDIO フレッシャーズ

ブロックを使った無料体験ワークショップ

派遣会社様向けeラーニング

新着情報

現在製作中のコンテンツ

無料セミナースケジュール

メールマガジン

人材育成に関しての情報・知識をお届けしております。
配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いについてに同意の上、こちらにメールアドレスをご入力し、「登録」ボタンを押してください。

お気軽にお問合せください

お電話のかたは
03-3518-0611

BLOGミテモ関連ブログ

漫画制作

漫画制作の価格

ミテモ写真さんぽ部

ミテモ活動報告