リモートワーク時代の研修シリーズ | ミテモ株式会社

リモートワーク時代の研修シリーズ

  • {{tag.name}}

  • {{tag.name}}

  • {{tag.name}}

  • {{tag.name}}

Withコロナ時代の今、多くの職場で、オフィスや会議室に社員たちが物理的に集まり、お互い顔を見ながら働く形から、テクノロジーを活用しながら各自が遠隔で仕事をするリモートワークへとワークスタイルの変化が起こっています。このようなワークスタイルでは、個人の働き方・必要なスキル・チームでのコラボレーションのあり方・マネジメントと人材育成のあり方が、抜本的に変容していきます。

例えば、これまで日本のビジネス現場では、初対面でのコミュニケーションにより「すり合わせ」を密に行うことでチームワークを発揮してきました。しかしながら、リモートワークを前提とした働き方に移行する場合、対面コミュニケーションはチャット・ツールやオンライン会議システムに置き換わります。

また、個人の働き方に着目すると、プライベートと仕事の境界は、空間的・時間的に、曖昧になりがちです。例えば、子育てをしている方の場合、子どもと過ごすプライベートの時間をうまく管理しながら、仕事の時間を捻出する必要があります。夫婦が共働きの場合は、配偶者の方との調整も必要となるでしょう。これらのプライベートの時間を適切に管理することが、リモートワークで活躍するための前提条件となっていきます。


このような環境変化にともない、多くの企業現場では、在宅勤務でも仕事ができる人と暇を持て余す人の二極化が進み、組織全体の生産性が低下するばかりか、ハイ・パフォーマンスな人材への負荷が高まり、離職につながりかねないような現実が生じています。

「リモートワーク時代の研修」では、このようなリモートワーク時代において、私たちがアップデートすべき知識・スキル・マインドを集中して学んでいただける研修ラインナップをご用意しています。

サービスラインナップ

コラム/お役立ち情報/セミナー

よくあるご質問

Q受講者がZoomやオンライン研修に不慣れなのですが、大丈夫でしょうか?
研修の冒頭で、必ず10分程度のZoomに慣れるための練習の時間を用意していますので、ご安心ください。 また受講者の方々Zoomにログインできるかなど、セキュリティ上の不安がある場合は、実施の1週間前などに、受講者の方向けにテストを実施することも可能です。
Q研修担当がZoomやオンラインでの研修に不慣れなのですが大丈夫でしょうか?
ミテモでは、オンラインでの研修に不安がある場合は、担当の方々にテストしていただく時間を設けていますのでご安心ください。 また、定期的にZoomを体験する体験会も用意しています。まずはお気軽にそちらにお越しいただけたらと思います。
Q会研修の内容を映像で撮影し、受講できなかった社員に共有したいと思うのですが可能ですか?
可能です。必ずしも時間を揃えなくても受講できるのがオンライン研修の良さになります。ミテモの研修では、時間と場所にとらわれなくても学べる環境構築を目指しています。
Qどのような方が講師を担当しますか?
ミテモでは、様々な専門性、経験を持った講師とのネットワークを持っており、お客様の課題感に対して最適の講師をアサインいたします。 (詳しくは、講師紹介動画をご覧ください。)
Qこれまでどのような企業が導入してきましたか?
コロナの影響を受けてから実施回数が急増しています。2020年6月現在は、外資系企業、IT系企業の方々の割合が大きいですが、製造業、建設業、メディカル、金融、一般社団法人など、広く実施させていただいています。
Q人数が少ないのですが、実施は可能ですか?
社別開催と、公開講座での開催と2パターンございます。個社別開催の場合、もちろん実施は可能ですが、それだと金額が固定されてしまい、一人当たりの料金が高くなることがあります。 公開講座での実施の場合、人数分の費用で参加できるため、少人数の場合は公開講座の方がお得になる場合が高いです。 現在、希望の公開講座が用意されていない場合も、6名以上の参加が確定している時は、指定の日で公開講座を開催し、広く人を募集し、実施することが可能です。 まずはお気軽にご相談ください。 (※公開講座のリクエスト開催の場合、カリキュラムのカスタマイズはできませんのでご了承ください)
Q大人数での研修を検討しているのですが、実施は可能でしょうか?
100人までは一斉に研修を行った実績が複数ございますが問題なく進行することができています。それ以上の場合は、ライブ放送スタイルにしたり、100人規模の研修を複数回に分けて実施したりするなど、目的、ゴールに応じて実施方法を検討していきます。
Qオンライン研修だけでなく、オフライン研修も同時に検討しているのですが、一緒にご相談することは可能でしょうか?
ミテモでは、皆様にあったスタイルで研修を実施できるように、オンライン研修の相談はもちろん、オンラインで研修を受けた後にオフラインで研修を実施する反転型の研修や、オンラインとオフラインの良いところをミックスして実施するブレンデッドラーニングスタイルの研修など、1本の研修の企画運営から、通年、複数年での研修の企画運営まで様々なお悩みの相談にのっております。問い合わせフォームからお気軽にご相談いただけたらと思います。
Qオンライン研修は集中力が続かないと聞きますが、何時間くらいの実施が望ましいでしょうか?
ミテモでは、2時間~長くても4時間程度の研修を推奨しています。4時間で実施する場合も、研修の前後で仕事ができるよう、また集中力を保つために休憩をはさみながら実施できるよう10時~15時での4時間で実施をすることもございます。 もちろん従来の研修のように1日7時間で実施することもありますが、可能であれば、学習させたい量が多い場合は、集中力を高く保つために、また習ったことを現場で実践し、理解しきれなかった分を再度研修にて習得することを目指し、2~3時間の研修を複数回実施することを推奨しています。 御社の課題感や、達成したいゴール、制約条件を聞かせていただきながら、最適の時間でのご提案をさせていただきます。
Qオンラインで研修を実施することで効果が落ちないかと不安を感じているのですが、大丈夫でしょうか?
従来実施していた内容をそのままオンラインで実施しようとすると、もちろん落ちる面はもちろん出てくるかと思います。またこれまで実施していた内容の全てをオンラインで実施できるわけではありません。 ただ、研修の事前、事後に異なった課題を与えたり、1回の研修を短い時間にし、現場での業務を挟み込んで複数回に実施したりすることで、これまでの集合研修ではできなかった新たな効果を獲得することができるようになります。 研修の効果が下がるかどうかを考えるのではなく、どうすればゴールにたどりつくことができるのかを考え、最適のデザインを行い、実施していけば、十分に研修の目的を果たすことができるかと考えます。
QZoom以外のツールでの実施は可能ですか?
Google Meetや、Microsoft Teamsなど、これまでにもいくつかの実績がございます。その場合、オンライン上で複数のグループを作る準備を事前にするなど、それ用に準備すべきことがございます。まずは一度、お気軽にご相談いただけますでしょうか。
Qミテモ社のオンライン研修の他社との違いはどこにあるでしょうか? 。
教育×デザイン×ITの専門家が複数在籍し、常に御社にとってベストの形で実施する応用力が一番の特徴になります。学習理論に裏打ちされた豊富な知見と、組織の課題解決を上流から下流までワンストップで提供してきた経験を活かし、単に満足度の高いオンライン研修を実施するだけではなく、組織の課題を解決し、目指すゴールにたどり着くためのオンライン研修をご提案し、実施いたします。

※本研修の利用規約はこちらからご覧いただけます

関連記事