写真を通して内省・言語化を支援する『Points of You®』 | ミテモ株式会社

写真を通して内省・言語化を支援する『Points of You®』

  • {{tag.name}}

  • {{tag.name}}

  • {{tag.name}}

  • {{tag.name}}

KEYWORD

#キャリア

#内省

#振り返り

#目標設定

#コーチング

#1on1

#自己理解

#他社理解

#棚卸し

#アンコンシャスバイアス

Points of You®のポイント

Points of You®は、参加者自身のキャリアビジョンと、達成へのステップを言語化するセルフコーチングツールです。

1会社での自信の役割を整理できる

自信の持っている能力・技術・時間などのリソースが会社組織で働く上でどう役立つかを言語化し、整理します。

2キャリアビジョンが言語化できる

「5年後のキャリアイメージは?」と聞かれて、すぐに答えられない受講者のキャリア像を、本研修では写真や対話を通して言語化していきます。

3目標達成へのステップを決定する

24時間、1週間、1ケ月とそれぞれ期限までに達成する具体的行動を決定し、参加者の行動変容を促します。

4受講者自身が課題を発見する

Points of You®は、受講後も受講者自身が自ら課題を発見し解決するまでをサポートします。

Points of You®の到達目標



Points of You®の流れ

1

選ぶ

参加者は数十枚のカードの中から、テーマについて当てはまるイメージを1枚選ぶ。そしてそのカードを選んだ理由を語る。

【テーマの種類】
・仕事の現状のイメージ
・仕事の理想のイメージ
・今後チャレンジしたいこと
・今月頑張ったこと

2

対話する

他の参加者は話し手の感情にフォーカスして質問する。

【質問の種類】
・写真のなかにはなにが見えますか?
・その写真は好きですか?嫌いですか?
・どんな感情、気持ち、思い出を呼び起こせますか?

3

気づく

Points of You®では様々な気づきが得られる。

【気づきの種類】
・発言の矛盾
・葛藤・迷い
・既に抱いていたキャリアイメージへの確信
・思考のパターン

受講者の声


自分が想像していなかった、心の中が垣間見れました。1人ではこの世界は見えなかったと思います。


相手の視点が今どこにあるのかが分ったり、自分でも気づいていなかったこと、もやもやと考えていたことがカードで言語化できたりと、気づきが多かった。


自身のことを改めて見つめ直すことができた。カードを使うことで、伝えにくいことも伝えることができ、自分の知らなかった考えや価値観に気づくことができた。


自分自身で何でモヤモヤしてるのか、それを解消するにはどうしたら良いのか?を考える時間になりました。そのおかげで、自分は次に何をすればいいのか、方向性が見えたので、本当に良い時間でした。


普段会わない人と、普段会う人とも話さない話をできたのは新鮮ですし、社内の気軽に話せる人が増えたというのは嬉しいです。

講師

​小藪 玲菜
(Koyabu Reina)

Points of You®トレーナー
グラフィクレコーディング レコーダー

大学卒業後、大手ファーストフードチェーンに入社し10年間の社員経験を経て、金融系企業で人事の仕事に10年以上従事。社員3000人規模の会社で親会社の人材開発部と連携しながら、自組織の教育体系、採用体系の構築を行う。副業制度導入時には自らが実験台となり副業を開始。経験したどの会社でも、採用、教育に関わった経験から、組織の中で、社員の1人1人が自分らしく、能力を発揮しながら幸せな気持ちで働き続けることができるか、それをどのようにサポートしていくかを考えることに専念するため2019年7月よりミテモ株式会社に入社。

関連記事