同期の絆を強くするオンラインワールドカフェ | ミテモ株式会社

同期の絆を強くするオンラインワールドカフェ

  • {{tag.name}}

  • {{tag.name}}

  • {{tag.name}}

  • {{tag.name}}

2020年度の新人研修は、過去なかった混乱状態になっています。
集合研修の実施が難しくなったことにより、遠隔で新人研修を実施したり、現場への配属を早めたりという企業様も多いのではないでしょうか。

もし仮に、集合研修の期間を短くして、現場への配属を早めると同期との関係性がないままに各現場ごとに各自の仕事が進んでいくことになります。
従来であれば、1週間や1か月という集合研修の期間で生まれた関係性・つながりが、新人研修が少なくなった分だけ、薄くなるでしょう。
気軽に相談でき、自分の考えを開示することができる同期がいないことにより、壁にぶつかった時に一人で抱え込んでしまったり、不安や悩みがどんどんと大きくなるということが考えられます。さらにそこから休職リスクや、離職リスクも高まっていくことも予想されます。

これを解決するには、現場配属が早まることで失われてしまう集合研修時の同期とのつながり・絆を何らかの形で強くするような仕掛けが必要になります。

そこで、ラーニングデザインと遠隔教育の知見を持つミテモでは、オンライン上で同期の関係を構築するための対話型のワークショップ「オンラインワールドカフェ」の提供を開始いたします。

ワールドカフェとは

ワールドカフェは、数ある対話型ワークショップの中でも最もポピュラーな手法です。1テーブルあたり4~5名が与えられたテーマに基づいて対話をしていきます。
優れたアイデアは、カフェでのやりとりのような自由で開放的な話し合いの中から生まれているという事実に注目し、可能な限りその場の雰囲気から緊迫感を取り除き、リラックスしたムードの中で行います。
ワールドカフェでは同一のテーマについて複数のテーブルを移り渡り、複数の人たちと対話をしていきます。1回あたり20分~30分程度の「ラウンド」と呼ばれる話し合いの場を3回~4回繰り返していきます。
ワールドカフェは、多様な人の考えを広く、深く理解するのに最適の手法です。同じテーマについて多様な人と話し合いをできます。自分とは異なる価値観や思考に刺激を受けることで、自分の考えを発展させたり、より深めたりすることができます。

概要

対象 1社限定とします(グループ会社での同時参加も可)
定員 最大100名まで
時間 2~3時間程度
価格 40万円(メインファシリテーター+テクニカルサポートの2名体制)
使用ツール Zoom(Zoom Video Communications社提供)

受講者の声


同期との交流が少なかったのですが、今回研修内に組み込んでもらえてとても良かったです。オンラインだと、普通に会う時より会話がゆっくり進むので1人ずつの意見が聞けました。


オンラインにしたことによって、直接会うよりも多くの人と話せたと思います。自然と一人ひとりが順番に喋ったり、全員が自由にホワイトボードを使えるシステムが、普段よりもむしろやりやすかったです。


自分が思っていたことと似た意見もあれば、まったく異なる意見もあって、対面で話すのとそんなに違和感なくいろんな価値観が共有できたと感じました。


同期が意外と自分の本質的な部分を見ていてくれているんだなと思う一方で、私自身も相手を知り、受け入れようと思いました。


仕事だからといって業務の話や議論をするだけでなく、肩の力を抜いて同期や上司とフランクに話すことで、周囲の好きなことや興味、考えを聞くことが出来、それがさらに仕事を円滑に進める秘訣の一つなのかと思いました。


人によって考え方が違うので、新しい感じ方・考え方を学べました。質問することによってその経験が深まるように感じたので質問することの大切さも学べました。

受講までの流れ

1

ビデオミーティングツールであるZOOMを活用し、各現場に配属された新入社員をオンライン空間に集合させます。

2

まずは全員に対して、話し合いのグランドルールや、ZOOMの使い方について簡単にレクチャーを行います。

3

オンライン上に複数の小グループを作るブレイクアウトセッション機能を使い、4人程度の小グループに分かれます。

4

1ラウンド20分を目安にグループ内で、最近の状態、仕事でうまくいったこと、いかなかったこと、ちょっとした成功体験などをテーマに話し合っていきます。

5

グループのメンバーを変えながら、3~4ラウンド程度、対話のセッションを繰り返します。

6

再び全員で集合し、受講者からの質疑応答に答えたり、今日の感想について全員で共有し合います。


関連記事