第一弾はドキュメンタリー番組の「ファクトチェック」がテーマ世界視点の課題を掘り下げるオウンドメディア『Deeper』2021年5月開設 | ミテモ株式会社

第一弾はドキュメンタリー番組の「ファクトチェック」がテーマ
世界視点の課題を掘り下げるオウンドメディア『Deeper』2021年5月開設

  • {{tag.name}}

  • {{tag.name}}

  • {{tag.name}}

  • {{tag.name}}

「学びを3歩、未来にすすめる」をモットーに、人材育成・教育現場の様々な課題解決を目指してeラーニング事業、教材制作事業、人材・組織開発コンサルティング事業などを展開する株式会社ミテモ(本社:東京都千代田区、代表取締役:澤田哲也、以下「ミテモ」)は5月11日(火)に新オウンドメディア『Deeper』(https://deeper.mitemo.co.jp/)を開設しました。

Deeperは、世界が取り組む問題・課題・テーマを掘り下げるウェブマガジンです。同メディアを通じて

  • サステナブル(持続可能性)
  • インクルージョン(包括・包含性)
  • ダイバーシティ(多様性)
  • グローバル(世界志向)

といったテーマへの意識醸成が広まり、よりよい世の中づくりが進む社会実現を目指します。

メディア誕生の経緯

ミテモは人材育成、組織開発さらには地域共創事業を展開しており、事業の中で取り組むべきテーマとして「サステナブル・インクルージョン・ダイバーシティ・グローバル」を掲げています。

Deeperはそれらテーマに関連する課題の知見を蓄積し、世の中の課題解決に役立てるために立ち上げたオウンドメディアです。さらにそれぞれのテーマについて読者が深く理解し、よりよい世の中へ変えていくための意識醸成もメディア運営の目的のひとつとしています。

世界が取り組む問題を掘り下げるメディア

Deeperの目的は「世界が取り組む問題・課題・テーマを掘り下げること」です。

主なテーマとしてサステナブル・インクルージョン・ダイバーシティ・グローバルを掲げ、SDGs、組織論、教育、仕事・コミュニケーションなどなどの切り口で読んで興味をそそられる、関心を深める記事を紹介していきます。創刊編集長は、ミテモのVIBLIO事業の事業責任者でもある乾善彦です。

【乾善彦】
Deeper 創刊編集長/VIBLIO 事業責任者。
応用生命科学専攻 修士課程修了。
分子生物学の研究に携わった大学院を卒業後、システムインテグレーターに就職しSEに。
その後、独立を経て現職


第一弾は『Seaspiracy の不都合な真実ファクトチェック 前編』を掲載

Deeper第一弾の記事として『Seaspiracy の不都合な真実ファクトチェック 前編』を掲載します。

『Seaspiracy』はNetflixオリジナルの海洋資源問題を取り扱ったドキュメンタリーで、商業漁業の知られざる真実が描かれています。『Seaspiracy の不都合な真実ファクトチェック 前編』では作品の背景を紹介し、ファクトチェック・事実確認について読者とともに考えていく内容です。

関連記事