16/12/29 更新

プレゼンテーション eラーニング講座~ミテモ株式会社ではeラーニング教材・コンテンツの制作・販売を行っています

標準的なeラーニング・プログラムのご紹介

対象

若手(入社2~3年目まで)

形式

ケースで学ぶe-ラーニング

内容

プレゼンテーションでは、自分の考えを相手に正しく伝え、相手に適切な判断や行動を促す「伝える力」が非常に重要です。会議や説明会だけでなく、上司への報告やお客様先への訪問など、色々な場面でプレゼンテーションのスキルは必要です。そこで、営業訪問の実演映像を通して、基本的なプレゼンテーションスキルを学んで頂きます。

実演形式のeラーニングですので、イメージが湧きやすい教材となっております。

カスタマイズをするならば

実際の商談場面など、貴社のある場面を想定した役者が出演する映像(良い例/悪い例)を挿入するなどのご要望に対応いたします。タレントでの撮影、貴社社員様での撮影なども対応いたします。カスタマイズに際しては、タレント費用、ロケ費用、企画費用を加算させていただきます。

プレゼンテーション~導入編~
時間
内容
形式
5分
  • 1.はじめに
実演映像と
ナレーション
  • 2.好感を持ってもらう
    ・第一印象をよくする
    ・気の利いた一言を言う

  • 3.興味を引く
    ・共感+サプライズ

  • 4.理解してもらう
    ・「主張→内容→主張」で話を進める
    (2)あいづちのバリエーション
    【参考】電話でのあいづち

  • 5.おわりに

プレゼンテーション~PREP法・WHOLE-PART法
時間
内容
形式
2分
  • 1.分かりやすい説明の仕方
    ~残業時間削減マニュアル作成に関する緊急会議~
    ■P:導入結論
    ■R:理由
    ■E:具体例
    ■P:最終結論
実演映像と
ナレーション
フィジカルプレゼンテーション
時間
内容
形式
3分
  • 1.フィジカルプレゼンテーションとは
    身振りや手振りを交えたプレゼンテーションを「フィジカルプレゼンテーション」という
実演映像と
ナレーション
  • 2.身体の「ストライクゾーン」
    両肩から腰の四角い「ストライクゾーン」を出ない程度の身振り・手振りをする
    ・気の利いた一言を言う

  • 3.実践
    (1)ろくろ
    (2)手のひらを拳で叩く
    (3)指を使って数を作る

プレゼンテーションペーパーの作り方
時間
内容
形式
2分
  • 1.分かりやすいプレゼンテーション資料の作り方
    ①STEP1: 内容を整理し、シナリオ(展開)を組み立てる
    ■話の展開をシナリオとして、イメージする
    ■必要に応じて資料を作成
    ②STEP2: 話の中身を自分の中で消化するには不可欠
    ■話しづらい部分は、シナリオを書き換える
    ■質問に対する回答、話す環境を想定して行う
    ③STEP3: 本番は状況に応じて、臨機応変に対応
    ■現場での聞き手の様子や場の流れを踏まえる
    ■条件化で一番効果的に伝えられる方法に調整
実演映像と
ナレーション

プレゼンの基本的な知識を理解し"伝える力"を養います。

伝えるスキルが組織の仕事を円滑にします。

どんな仕事をする上でもコミュニケーションは欠かせません。
相手に自分の考えを正しく伝え、適切な判断、行動を促す「伝える力」は
基本的なビジネススキルとして非常に重要です。

本来、企業組織内全体で底上げが求められるプレゼンテーション能力ですが、
実際はスキルアップが個人任せになり、個々のレベルはばらつきがちです。

弊社のeラーニングでは、資料準備の正しい方法が分かるテキストや
プロ講師の話し方を見て学べる実演映像を用いて、プレゼンスキルを習得します。

伝わる話の構成を理解し、プロ講師の話し方を見て学べます。

プレゼンテーション能力は経験の積み重ねによって上達します。
しかし、やみくもに場数を踏むのでは非効率的です。

プレゼンテーション能力を上達させるためのポイントは、
伝わる話し方と伝わらない話し方の違いを理解することです。

伝わる話のポイントは構成と話し方であり、
良い話し方を見て成功パターンのイメージを固めることがスキルアップの近道です。

伝わりやすい話の構成には
「明確なメッセージ」と「それを支える根拠が正しい」点が共通しています。
プレゼンテーションの最終的な目的は「相手の行動を促すこと」ですので、
メッセージとその根拠を明示することで、意図を明確にすることが重要です。

また、伝わりやすい話し方にはいくつかのチェックポイントがあります。
eラーニングでは、プロ講師の話し方を見て学ぶことで、
チェックポイントを知識理解だけでなく、視覚的に理解することが出来ます。

集合研修でプレゼンを実践することで、スキルを体得できます。

スキルの体得には、eラーニングと集合研修の組み合わせがお勧めです。

研修では、プレゼン本番を想定して事前に学んだ知識を実際に試す演習を行います。
講師やグループメンバーからフィードバックを受けることで、
自身の課題点を認識することができ、スキルアップに繋がります。

正しい知識とお手本のイメージを持ち、反復して練習することが、
プレゼンスキルアップの一番の近道です。
短期間でeラーニングと研修を集中的に実施することで、より高い効果が出ますので、
若手・中堅層など対象にご検討してみてはいかがでしょうか。

≪月額302円/人から始めるeラーニング 「STUDIO」≫

STUDIOは、65テーマ、181本の映像教材・eラーニングを、月額302円/人で視聴し放題の映像教材視聴サービスです。年間契約で10IDからご利用いただけます。システム導入などの必要もなく、すぐにeラーニングを開始できます。

⇒STUDIOの詳細はこちら

≪すでにLMS(社内システム)をお持ちのお客様向け≫

eラーニングの教材そのものを販売させていただいております。導入形式は下記の2パターンがございます。

パッケージ型
eラーニング

インソースグループの人気研修をパッケージ化したeラーニング教材・コンテンツ。すぐにご要望の形式でご導入いただけます。 1コンテンツ
税込 19万
4400円

カスタマイズ型
eラーニング

実務に即したコンテンツをご要望の場合や独自のルールがある場合にはオリジナルのeラーニング教材を制作いたします。 費用別途ご相談

PCのアイコンeラーニングラインナップ

ミテモでは、すぐにご購入いただける教材をはじめ、下記ラインナップを取り揃えています。
マナーやビジネススキルなどご希望のカテゴリーを選択すると各ラインナップをご覧いただけます。

eラーニングの活用ノウハウ

まずはお気軽にお問い合わせください

お電話でのお問合せは 03-3518-0611

メールでのお問合わせはこちら


eラーニングのデモを無料でお試しいただけます

RECORD ミテモ株式会社の実績

eラーニングの実績

年間受講者数

9万

映像教材制作

78テーマ

映像・デザイン制作実績

映像制作実績

184社 

ミテモ株式会社は、年間研修実施回数14,612回35万9千人に研修を受講いただいている株式会社インソースの関連会社です。

E-LEARNING eラーニングラインナップ
TRAINING ミテモの研修ラインナップ
SERVICE ミテモのサービス
SEMINAR 無料セミナー
TRAINING 1名から受講できるインソースの講座

STUDIO mini

STUDIO フレッシャーズ

ブロックを使った無料体験ワークショップ

派遣会社様向けeラーニング

新着情報

⇒クラウド型eラーニング「STUDIO」
⇒eラーニングのデモ視聴(無料)

新着情報

現在製作中のコンテンツ

メールマガジン

人材育成に関しての情報・知識をお届けしております。
配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いについてに同意の上、こちらにメールアドレスをご入力し、「登録」ボタンを押してください。

お気軽にお問合せください

お電話のかたは
03-3518-0611

BLOGミテモ関連ブログ

漫画制作

漫画制作の価格

ミテモ写真さんぽ部

ミテモ活動報告