STEP1 eラーニング導入計画 ~ミテモ株式会社ではeラーニング教材・コンテンツの制作・販売を行っています

  • START e-ラーニング導入の前に
  • STEP1 導入計画
  • STEP2 コンテンツ制作
  • STEP3 効果的運用
  • STEP4 効果測定と定着
  • STEP5 様々な事例

eラーニングの環境構築は長期的な人材育成戦略に基づき計画する

eラーニングの環境構築は、eラーニングの実施において最もコストを左右する要素です。また一度システムを導入してしまう(環境を構築してしまう)と容易に変更することはできないために慎重に検討する必要があります。

eラーニングの環境構築方法は4種類

現在、世の中には様々なeラーニング管理システム(LMS)があります。日進月歩で新たなLMSがリリースされており、機能・価格も様々です。またLMSを導入せず、eラーニング提供会社のホームページに訪問する形式や、近年ではタブレット機器やモバイル機器の活用する形式もあります。

このようにeラーニングの環境構築について様々な方法がありますが、大別すると4種類の構築方法に整理できます。

  • a.eラーニング会社のホームページで、講座を受講する
  • b.職場のネットワーク環境にeラーニングの配信・管理環境を構築する
  • c.外部サーバーにeラーニングの配信・管理環境を構築する
  • d.その他(共有フォルダにコンテンツを載せる、DVDを配布する、など)

これらの構築方法にはメリット・デメリットがあります。そのメリット・デメリットを理解した上で、長期的な視野にたって、どの構築方法が適切かを選択する必要があります。

環境構築方法ごとのメリット・デメリット

では、一つ一つのメリット・デメリットを概観しましょう。

a.eラーニング会社のホームページで、講座を受講する

国内でeラーニングの提供が開始された当初から続く、最も典型的なeラーニングの受講スタイルがこちらです。eラーニング提供会社のホームページに受講者一人ひとりがアクセスし、講座を受講していただきます。

メリット ・環境構築をする必要がない
・即座にeラーニングを開始することができる
デメリット ・一般的な内容であるため、一定の知識習得にしか向いていない
・長期的な受講管理ができない
ポイント スポットで、速やかにeラーニングを実施したい場合に適しています。
長期的にeラーニングを活用していきたいというお客さまにはこのスタイルはおすすめできません。

b.職場のネットワーク環境にeラーニングの配信・管理環境を構築する

学習管理システム(LMS)を、社内・庁内のネットワークに導入する方法です。主に大手企業や多くの職員を抱える官公庁のお客さまで広く採用されています。

メリット ・実務に即したコンテンツを掲載できるため、より役に立つ講座が提供できる
・機密情報などを含んだ講座を提供することも可能
・複数年度にわたって、誰がどの講座を受講したか?を一元管理できる
デメリット ・初期投資コストと工数(手間)がかかる
・自分たちでコンテンツを作成する必要があるため、制作が大変
・社内ネットワークの性能によって、制約条件がある
(自宅での受講などができない、動画など質の高いコンテンツが提供できない)
ポイント 長期的にeラーニングを運用し、人材育成に活用したいお客さまに適しています。ただし、初期投資コストや運用上の制約があるため、よほどの機密情報を取り扱う講座の実施予定がない場合は、Cパターンを推奨します。

c.外部サーバーにeラーニングの配信・管理環境を構築する

近年、導入実績が増加している方法です。クラウド環境が整備されることにより、大容量のeラーニングコンテンツでも軽快に、きれいに配信できる環境が整ってきました。また、セキュリティについても飛躍的に改善されています。

メリット ・初期投資コストが安く、導入の手間もかからない
・実務に即したコンテンツを掲載できるため、より役に立つ講座が提供できる
・複数年度にわたって、誰がどの講座を受講したか?を一元管理できる
・自宅での受講、動画などを使ったより受講者満足度の高い講座が提供できる
デメリット ・外部サーバーに教材を掲載することになるので、社内規定によっては、実施可能講座がしぼられる
・月々の運用費用が発生する
ポイント 長期的にeラーニングを運用し、人材育成に活用したいお客さまに適しています。特に最近のクラウド型のシステムは月々の運用費用も安く、セキュリティ環境も飛躍的に改善されていますので、よほどの機密情報を取り扱う講座などを実施しない限りはお勧めです。

d.その他(共有フォルダにコンテンツを載せる、DVDを配布する、など)

システム導入をしようとすると、どのような形式であったとしてもコストがかかります。初期投資を抑えてeラーニングを実施したいお客さま向けの方法です。

メリット ・初期投資コストなどがかからない
・紙のアンケートなどを併用すれば受講管理もできる
デメリット ・自動で受講管理をすることなどはできない
ポイント 何もeラーニングといっても全てをシステムで行わなければならないわけではありません。「職場のネットワーク環境が未整備ではあるが、eラーニングを実施したい」というお客さまはdパターンを検討されてはいかがでしょうか?

このように、それぞれのパターンに善し悪しはありますが、最も重要なのは、組織としての人材育成の戦略に合う形で環境構築を行う、ということです。eラーニングを導入したいのだけれど、どうやって始めたらいいのか?とお悩みのお客さまは、長期的な戦略に沿う形で環境構築方法をご提案させていただきますので、お気軽にお声がけくださいませ。

もっと詳しく知りたい方にはセミナーもおすすめです

映像を活用した人材育成セミナー開催スケジュール

※本セミナーはグループ会社のインソースと共催しております。

※無料セミナーは人事または研修ご担当者様向けの内容となっております。個人の方・同業の方のご参加はご遠慮くださいますようよろしくお願いいたします。

PCのアイコンeラーニングラインナップ

ミテモでは、eラーニングのラインナップを下記のように豊富に取り揃えています。
マナーやビジネススキルなどご希望のカテゴリーを選択すると各ラインナップをご覧いただけます。

eラーニングの活用ノウハウ

まずはお気軽にお問い合わせください

お電話でのお問合せは 03-3518-0611

メールでのお問合わせはこちら


eラーニングのデモを無料でお試しいただけます

RECORD ミテモ株式会社の実績

インソースグループの取引先数

17,157※1

STUDIO契約先数累計

109※2

STUDIO発行ID数累計

8,435ID※2

STUDIO教材数

65テーマ181教材※3

※1 2003年6月~2016年9月までにインソースグループのサービスをご利用いただいたお取引先累計

※2 2015年4月(サービス開始)~2016年9月までにSTUDIOをご契約いただいたお取引先累計

※3 2016年9月末時点

ミテモ株式会社は、年間研修実施回数14,612回35万9千人に研修を受講いただいている株式会社インソースの関連会社です。

E-LEARNING eラーニングラインナップ
TRAINING ミテモの研修ラインナップ
SERVICE ミテモのサービス
SEMINAR 無料セミナー

STUDIOシリーズ
アイコンSTUDIO
アイコンSTUDIO 語学
アイコンSTUDIO 英語
アイコンSTUDIO フレッシャーズ

ブロックを使った無料体験ワークショップ

派遣会社様向けeラーニング

新着情報

現在製作中のコンテンツ

無料セミナースケジュール

メールマガジン

人材育成に関しての情報・知識をお届けしております。
配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いについてに同意の上、こちらにメールアドレスをご入力し、「登録」ボタンを押してください。

お気軽にお問合せください

お電話のかたは
03-3518-0611

BLOGミテモ関連ブログ

漫画制作

漫画制作の価格

ミテモ写真さんぽ部

ミテモ活動報告